3月31日(日)

seminar

認知症予防から介護まで

国立長寿医療研究センター
長寿医療研修センター長
遠藤 英俊 先生

市立中津川総合病院内科部長、国立療養所中部病院内科医長などを経て、現在に至る。老年病専門医。著書に『認知症・アルツハイマー病がよくわかる本』(主婦の友社)、『地域回想法ハンドブック』(河出書房新社)、『いつでもどこでも「回想法」』(ごま書房)など多数。

 

3月31日(日)10:30~12:00

会場:健康未来ステージ(第3展示館)

 

10:30~11:30 講演会

認知症は適切な生活習慣により、発症を減らすことが可能です。有酸素運動、知的活動、社会交流の継続に加え、糖尿病や高血圧症の適切な治療が重要です。また介護の方法や制度などの知識をもつことにより適切なケアを提供することができます。認知症になっても安心して暮らせることが可能です。市民公開講座ではこうした新しい知識を提供したいと思います。

  • お知らせ
    この講座は事前申し込みが必要です。
  • お申し込みは以下のフォームから受け付けています。

    ※申し込みは終了させていただきましたが、お席に余裕がある場合は当日入場も可能です。

 

11:30~12:00 介護劇『ハナさんの日常』

  • 出演
    福祉ボランティア劇団たからぶね  石倉智江氏・澤邊浩隆氏・松塚泰孝氏

 

  • 主催
    中日新聞社
  • 協賛
    太陽生命保険株式会社