4月7日(日)

seminar

脳神経外科医療最前線!

日本脳神経外科学会中部支部会
脳神経外科市民公開講座(第2部)

黒田 敏先生 日本脳神経外科学会中部支部理事
本郷一博先生 信州大学脳神経外科教授
廣瀬雄一先生 藤田医科大学脳神経外科教授
間瀬光人先生 名古屋市立大学脳神経外科教授
飯塚秀明先生 金沢医科大学脳神経外科教授
中田光俊先生 日本脳神経外科学会中部支部理事

 

4月7日(日)11:00~12:30

会場:イベント館2階 イベントホール第2室

発病すると命を脅かし、重篤な後遺症が生じることもある脳神経外科疾患。中でも脳卒中は、がん、心疾患に次いで日本人の死因第3位になっています。では今、脳神経外科領域ではどのような診断と治療がおこなわれているのでしょうか。脳腫瘍の細胞療法とは?起きたままで行う脳の手術とは?最新の治療法から脳の機能まで専門医がわかりやすく解説します。
 

【オープニングリマークス】

    日本脳神経外科学会中部支部理事 黒田 敏先生

【講演】

    『近未来型脳神経外科手術室』 本郷一博先生(信州大学脳神経外科教授) 
    『脳腫瘍分子標的医療が目指すもの』 廣瀬雄一先生(藤田医科大学脳神経外科教授)
    『手術で治る認知症について』 間瀬光人先生(名古屋市立大学脳神経外科教授)
    『背骨の手術法はこんなに変わった!』 飯塚秀明先生(金沢医科大学脳神経外科教授)

【クロージングリマークス】

    日本脳神経外科学会中部支部理事 中田光俊先生
  • お知らせ
    この講座は事前申し込みが必要です。
  • お申し込みは以下のホームページから受け付けています。

    https://que.digital.asahi.com/epost/

  • 主催
    日本脳神経外科学会中部支部会
  • 協力
    朝日新聞メディアビジネス局