3月31日(日)

seminar

日舞と科学の”おどりの運動”『NOSS』を使って生涯運動
~楽しく健康に過ごすために~

一般社団法人 日本舞踊スポーツ科学(略称:NOSS)協会理事長
日本舞踊西川流三世家元・総師
NOSS創案者
西川 右近 氏

日本舞踊の振付、出演、指導等の活動の他、 ショーや芝居の演出、ラジオ、テレビの企画・出演、新聞等の執筆など幅広く活動する。芸どころ名古屋の象徴として70余年の歴史を持つ「名古屋をどり」の全舞台に携わり、新しい舞踊劇の発信に努める傍ら、自身のリハビリ経験をもとにスポーツ科学の第一人者・中京大学湯浅景元名誉教授との共同研究でNOSSを創案。79歳となる現在も意欲的な活動を続けている。

3月31日(日)10:30~12:00

会場:みんなのステージ(第2展示館)

 
ゲストに近藤和泉氏(NOSS協会参与/国立長寿医療研究センター特命副院長・ロボットセンター長)、森本茂人氏(NOSS協会理事/金沢医科大学教授)、山本祐歌氏(名駅東クリニック院長/日本舞踊西川流名取)を招き、NOSSを生活に取り入れることで、いかに楽しく、健康に過ごすことができるかお話して参ります。