金融機関の取り扱う医療ローンを一覧形式で徹底解説

無理なく支払いを継続できる。医療ローンを徹底解説

病気やケガで治療が必要になった際、健康保険が適用されたとしても医療費が高額となる場合があります。

さらにレーシックや審美歯科など、一部の医療は保険適用外のため、高額な請求をされる場合も珍しくありません。

そこで活用できるのが「医療ローン」です。

本記事では医療ローンとはどんなものがあるのか、メリットやデメリット、金融機関の取り扱っている医療ローンについて解説します。

この記事で分かること

  • 医療ローンとは医療行為を受けるためのローン
  • 医療ローンの対象者は幅広い
  • 医療ローンの最大のメリットは高額な医療費を分割できる
  • 銀行では即日融資はできない
  • 支払いが高額になる
  • 転院には一括請求の危険性がある
  • 医療ローンを利用するには審査が必要
  • 医療ローンには年齢要件と収入要件がある
  • 高額な医療費には高額療養費制度を利用する

医療ローンとは医療行為を受けるためのローン

医療ローンとは、別名「メディカルローン」とも呼ばれており、医療行為を受けるためのローンのことです。

人間の傷病の治療・診断または予防のために医学に基づいて行われる、あらゆる治療を受ける場合の金銭的な負担を低減できます。

医療ローンの借り入れ先は、主に病院やクリニックと提携している信販会社や、銀行になることが多いです。

特定の目的にだけ利用できる目的別ローンの一種であり、銀行によって多様な種類が用意されています。

ただし、医療ローンは原則として医療行為を受けるため以外には利用できません。

医療費は保険適用診療と自由診療に分かれる

医療費は主に、保険適用診療と保険外治療(自由診療)に分かれます。

自由診療とは、公的な医療保険が適用されない医療技術や薬剤による治療のことで、 治療にかかる費用はすべて自己負担です。

医療ローンの利用目的は、医療費が高額となることを想定しているため、保険が適用されない自由診療は対象範囲となります。

医療ローンの対象者は幅広い

医療ローンを利用できる分野、対象者は非常に幅広く、診療目的が多岐にわたります。

実際に、医療ローンを利用したいが、自分の行いたい治療内容が該当しているのか分からないといった人も少なくないでしょう。

例えば、以下の項目はいずれも自由診療であり、保険が適用されないものです。

このような美容目的や、身体的コンプレックスの治療であっても医療ローンの対象となる可能性が高いです。

  • 美容整形
  • 脱毛
  • レーシック
  • 審美歯科

医療ローンを利用する際は、まず医療機関に医療ローンを利用したい旨を説明したのち、治療内容が該当するかを確認しましょう。

また、入院を伴う治療は働けない期間が延びるほど、収入面で苦しくなる傾向にあります。

そのため、自身の返済能力を把握した上で利用する計画を立てることをおすすめします。

医療ローンの最大のメリットは高額な医療費を分割できる

医療ローン最大のメリット。医療費の心配をせずに治療できる

医療ローンの最大のメリットとは、高額な医療費を分割できるため、無理なく支払いを継続できることです。

もちろん医療費と言っても料金は様々ですが、先進医療や自由診療では健康保険が適用されないため、特に高額な医療費がかかります。

例えば、美容整形であれば30万円〜50万円かかることも珍しくありません。

他にも、がん治療に使われる先進医療の「陽子線治療」「重粒子線治療」なども高額になり、それぞれ300万円前後の治療費が発生するため、一般的には簡単に支払うことは困難でしょう。

医療ローンは医療費の心配をせずに治療できる

医療ローンは医療費の心配をせずに治療できるため、急いで治療を行いたい場合はお金を準備できていなくても、すぐに治療を開始できます。

例えば、歯列矯正のように数年間にわたって通院が必要なもので、早く治療を開始したい人にとっては大きなメリットと言えます。

医療ローンのデメリットは3つ

医療ローンのメリットは大きいのですが、一方でデメリットもあります。

以下のデメリット3つを把握しておきましょう。

  • 銀行では即日融資はできない
  • 支払いが高額になる
  • 転院には一括請求の危険性がある

保険適用とならない美容整形やレーシック手術などによって、人生の満足度が高まるかもしれません。

しかし、医療ローンを利用する場合、本当に必要なのかを冷静になって考える必要があります。

デメリットを把握せずにローンを借りてしまうと、思わぬリスクを被る危険性があります。

そのため、医療ローンを利用する際は、デメリットを把握してから検討しましょう。

銀行では即日融資はできない

医療ローンに限定した話ではありませんが、現在では銀行ローンでの即日融資はできません。

2018年1月からローンの申し込みを受けた際に、警察庁の暴力団情報データベースにアクセスし、申込者が関係者ではないかの確認を行う義務があります。

一般社団法人全国銀行協会 反社会的勢力との関係遮断に向けた対応

そのため、即日融資はほぼ不可能であり、さらに目的別ローンは慎重に審査されるため、1週間以上の時間を要する可能性が高いです。

クリニック提携の医療ローンで、信販会社が提携している場合は、ローンの審査は柔軟に行われることがあります。

場合によっては、最短1時間以内に審査の結果通知が届くこともあります。

支払いが高額になる

高額な医療費の負担を軽減することが医療ローンの目的ですが、お金が無くても医療行為を受けられます。

そのため、必要以上に医療行為を増やすような場合、支払いが高額になる危険性があります。

人命に関わる医療行為や、先進医療に利用する場合はやむを得ません。

しかし、美容整形などの場合は、医療ローンがあることによって、必要以上に高額の支払いをしてしまうケースが多いです。

転院には一括請求の危険性がある

クリニック提携の医療ローンやクリニック提携の信販会社ローンの場合は、病院もしくはクリニックとの契約になるため、転院する際は借り入れた全額を一括請求される危険性があります。

そのため、治療や対応への不満により、別のクリニックに変更したいと思っても、キャンセルして転院することは簡単ではありません。

病院の変更に伴い、返済先も変更されると思われがちですが、それは誤りです。

クリニック提携の医療ローンでは審査が柔軟に行われることがあるため、審査に不安がある人は、クリニック提携の医療ローンを申し込んでしまいます。

一度治療が始まると、最後まで同じクリニックになることを覚悟する必要があるため、ローン選びよりも最初のクリニック選びが重要とも言えます。

医療ローンを利用するには審査が必要

医療ローンは審査が必要。融資までの流れ

医療ローンを利用するには、審査への通過が必須条件です。

基本的な申し込みの流れは下記の通りですが、借り入れ先によって手順や方法に若干の違いがあります。

  1. 申込
  2. 必要書類の提出
  3. 審査・銀行は仮審査、本審査に分かれる
  4. 契約
  5. 融資

審査には主に、仮審査と本審査の2段構えになるケースが多く、申込時に限定された情報で簡単な仮審査を行い、その後は必要書類の情報を元に本審査に入ります。

仮審査は簡易的な審査のため、仮審査に通過したからと言って、必ず本審査を通過できるとは限りません。

審査では在籍確認がある

医療ローンの審査では、働いている職場への在籍確認があります。

在籍確認とは文字通り、申し込みの際に申告された職場に虚偽はないか、本当に在籍しているかを確認することです。

在籍確認の方法は電話が原則であり、審査担当者が個人名で企業に電話を掛け、本人が電話に出たら簡単な内容の質問で審査は終了します。

あるいは電話を受けた人が「席を外しております」と答えるだけでも、在籍確認は完了します。

在籍確認が原因で会社に知られる可能性がある

在籍確認が原因で、ローンの利用が会社に知られるのを心配する人が多くいますが、知られる可能性はあります。

原則として、金融機関名ではなく個人名でかかってくるため、電話の内容が原因でバレることはありません。

しかし、その後の対応次第では会社に知られる可能性があります。

例えば、外部からの個人的な電話を厳しく制限している企業の場合は、上司に電話の内容を問いただされる可能性が高いです。

そのため、電話後に質問を受けても、無難に返せるように準備しておきましょう。

金融機関ごとに必要書類の確認が必要

借り入れ先によって必要な書類は異なるため、借り入れる金融機関やクリニックごとに必要書類の確認が必要になります。

一般的に必要とされている書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 銀行通帳・キャッシュカード
  • 銀行届出印
  • 収入証明書類

金融機関によっては、上記の書類の他に「資金使途証明書類」の提出を求められることがあります。

資金使途証明書類とは、医療機関から受け取った医療費の見積書など、医療費がいくらかかるのかを証明する資料のことです。

目的別ローンは、医療目的以外にお金は使えないため、用途の確認のために提出を求められます。

医療ローンには年齢要件と収入要件がある

医療ローンの申込条件。年齢と収入

銀行の医療ローンに申し込む際に、求められる条件として「年齢要件」と「収入要件」があり、この条件を満たしていない場合は審査を受けられません。

原則として20歳以上で安定した収入がある人のみ申し込みができます。

一方で、クリニックと提携している信販会社の医療ローンは未成年でも利用可能な場合が多いのですが、以下の条件を満たす必要があります。

  • 年齢が満18歳以上
  • 安定した収入がある
  • 信用情報に傷がない

18歳未満の人は本人名義では申し込めないため、親の同意が必要です。

18歳以上20歳未満の未成年は自身の名義で申し込めるが、親に連帯保証人になってもらう必要があります。

医療ローンは総量規制の対象となる

医療ローンは総量規制の対象となるため、収入要件を満たしていても、総量規制に引っかかる場合の借り入れはできません。

総量規制とは、2006年12月に成立した「改正貸金業法」による、個人が借り入れできる金額に上限を設けた規制のことです。

原則として、個人の借り入れ総額は年収の3分の1までに制限されました。

ただし、総量規制には「例外」と「除外」が定められています。

賃金業法 (過剰貸付け等の禁止) 第十三条の二 

緊急の医療費の為の貸し付けは例外となる可能性が高い

緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付けの場合、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けとして、総量規制の「例外貸付け」に分類されます。

つまり、年収の3分の1の借り入れを既に行っている場合でも、緊急に医療費が必要になった場合には、 総量規制の例外として貸付が受けられる場合があるということです。

日本賃金業協会 総量規制の「例外貸付け」に分類される契約

高額な医療費には高額療養費制度を利用する

医療ローンを利用するのも良いのですが、医療費があまりにも高額な場合は、高額療養費制度が利用できる場合があります。

高額療養費制度とは、医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1ヵ月の上限額を超えた場合にその額を支給する制度のことです。

同一世帯で複数の人が同じ月に病気やけがをして医療機関で受診した場合や、1人が複数の医療機関で受診した場合は、自己負担額は世帯で合算できます。

その合算した額が自己負担限度額を超えた場合は、超えた額が払い戻し対象です。

ただし、70歳未満の方の合算できる自己負担額は21,000円以上のものに限られ、70歳以上の方は自己負担額をすべて合算できます。

年齢や所得に応じて上限額が変わる

高額療養費制度は、年齢や所得に応じて上限額が変わります。

理由としては、すべての人が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間公平が図られるよう、負担能力に応じた負担をする必要があるためです。

自己負担額は医療機関ごとに計算されるため、同じ医療機関であっても医科入院、医科外来、歯科入院、歯科外来にわけて計算されます。

医療機関から交付された処方せんにより、調剤薬局で調剤を受けた場合は、薬局で支払った自己負担額を処方せんを交付した医療機関に含めて計算します。

全国健康保険協会 高額療養費

医療ローン以外でも医療費に利用できる

借入の選択肢。医療ローン以外の借入先

医療ローン以外のローンでも、医療費に利用できるローンはあります。

その中でも、なるべく金利が低いものを選ぶことで、生活への影響が最大限減少します。

医療ローン以外の借り入れの選択肢は、主に以下の4つです。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 保険会社の貸付制度
  • 福祉貸付

保険会社の貸付制度は、保険加入者の中でも一定の条件を満たしている方向けとなり、福祉貸付は所得が低い方向けの制度となります。

両方とも対象者が限られますが、利用条件をクリアしている場合に低金利で利用しやすい制度となっているため、自分が該当する場合は検討しましょう。

医療ローン以外で借り入れするメリット

医療ローン以外で借り入れをするメリットは、主に以下の5つです。

医療ローンと比較して、自分に合った利用方法を選択しましょう。

  • 銀行系カードローンは使い道が自由なため、医療費以外のことにも利用できる
  • 銀行系カードローンは、主婦や学生も借入可能な場合がある
  • 銀行系フリーローンは、目的が決まっている代わりに利息が低い
  • 保険会社の貸付制度は、金利が低い
  • 福祉貸付は、低所得の場合にも低金利で融資を受けられる

医療ローンの場合、50万円のローンを組むと、あとは返済していくだけです。

しかし、銀行カードローンの場合は返済が進んでいくと限度額の範囲内で再度借り入れられるため、利便性が高いです。

医療ローン以外で借り入れするデメリット

医療ローン以外で借り入れを行うデメリットとして、主に以下の4つがあります。

  • ローンによっては医療費として利用できない
  • 利息が低いほど審査が厳しい可能性が高い
  • 審査に通過せず、融資してもらえない
  • 審査で希望限度額が引き下げられる可能性がある

医療ローンと比較して、それ以外のローンは自由度が高いのが魅力ですが、その一方で審査が厳しく医療費として利用ができないなどのデメリットがあります。

医療ローンの金利と比較して、自分の状況に適切なローンを選択しましょう。

金融機関の医療ローン5選

おすすめの医療ローン

医療ローンと、それ以外のローンの違いについて説明したところで、おすすめの金融機関の医療ローンを5選紹介します。

銀行系のローンは、目的がはっきりしていると利息が低くなるのが特徴です。

中国銀行

医療ローンの名前ちゅうぎん医療ローン
金利年2.875%(変動金利)
借入可能額10万円以上、500万円以内 (1万円単位)
審査時間1週間程度
対応可能地域範囲全国対応

中国銀行の医療ローンは、病気や怪我の治療、インプラントや歯列矯正など多種多様な利用方法が選択できます。

通常1週間程度で利用が可能なため、急に医療費が必要になっても安心です。

医療向けローン 中国銀行

筑波銀行

医療ローンの名前つくばメディカルローン
特徴医療費全般に関する費用に使える
金利3.50%(変動金利)
借入可能額10万円以上、300万円以内(1万円単位)
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲茨城県多数、栃木県多数、埼玉県春日部市、千葉県多数、東京都足立区

医療全般に関する費用として利用できます。

融資金額が最大300万円、融資期間が最長7年とゆったり返済が可能です。

つくばメディカルローン 筑波銀行

イオン銀行

医療ローンの名前デンタルローン
特徴歯のことなら、何にでも利用できる
金利年3.8%~年8.8%
借入可能額10万円~700万円
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲全国対応

イオン銀行デンタルローンは、歯のことであれば何にでも利用が可能です。

ローンの審査としては珍しく、2段階の審査が可能です。

デンタルローンの審査に通らなかった場合でも、そのまま資金使途自由なフリーローンの審査を行ってくれます。

デンタルローン イオン銀行

ちばぎん

医療ローンの名前ちばぎん医療ローン
金利年5.00%~年5.20%
借入可能額10万円以上、500万円以内(1万円単位)
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川県横浜市・川崎市
特徴来店不要WEBで完結返済はゆったり最長10年保証人・担保不要

治療費用や入院費用、出産費用まで様々な用途に利用できます。

来店不要でWEBで全て完結するため、忙しい方でも申し込みが可能です。

返済は最長10年と長いため、ゆったりと返済できます。

ちばぎん医療ローン ちばぎん

福岡銀行

医療ローンの名前目的別ローン
金利6.0%(固定金利)
借入可能額10万円以上、300万円以下(1万円単位)
審査時間約1週間~10日
対応可能地域範囲福岡県内、県外でも福岡銀行の支店があるところ

ローンの利用は原則として、本人の資金に限りますが「メディカルローン」のみ2親等以内の家族の医療費に利用できます。

家族が入院して急な出費が予想される場合でも、最短1週間で借り入れ可能なため安心して利用できます。

目的別ローン 福岡銀行

大手金融機関のフリーローン3選

大手のフリーローン

フリーローンの利用目的は、他のローンと比較して自由度が高いため、結婚資金や生活費など様々な目的で活用できます。

全体の返済額を抑えるためには、なるべく低金利のフリーローンを利用するのがポイントです。

大手金融機関のおすすめフリーローン3社の金利や特徴、対応地域をご紹介します。

みずほ銀行

ローンの名前みずほ銀行多目的ローン
特徴来店不要
金利変動金利年5.875%、固定金利年6.850%
借入可能額最長7年、300万円まで
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲全国対応

車の購入や結婚資金、旅行費用に家電製品の購入など用途を問わずに利用可能です。

みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または過去に利用していた人は、年0.1%の金利引き下げ特典があり、とてもお得に利用できます。

多目的ローン みずほ銀行

東京スター銀行

ローンの名前スターフリーローン
特徴来店不要
金利1.5%~14.6%
借入可能額最大1,000万円
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲全国対応

資金使途は原則自由で、金利は年率1.5%~14.6%でお得に利用可能です。

まとめて資金を借り入れしたい人や、高額な買い物の購入にあたって、長期的に無理なく返済したい人におすすめなカードローンとなっています。

スマートフォンがあれば、すぐに申し込みが可能です。

スターフリーローン 東京スター銀行

りそな銀行

ローンの名前フリーローン
特徴WEB完結
金利年6.0%~14.0%
借入可能額10万円~500万円 (1万円単位)
審査時間約1~2週間
対応可能地域範囲全国対応

フリーローンのため、自由に様々な用途に利用できます。

固定金利で毎月定額で計画的に利用可能なローンで、忙しくて時間が取れなくても来店不要でweb完結できます。

フリーローンの借り入れと、同一の返済口座で住宅ローンを利用中の人は、金利を引き下げるお得なキャンペーン対象です。

さらに、りそな銀行口座を持っている方は、借り入れ額と口座残高を一緒に確認できるアプリが利用できます。

フリーローン|りそな銀行・埼玉りそな銀行

まとめ

本記事では、医療ローンについて詳しく解説しました。

医療ローンには、種類が多くあり、それぞれメリットやデメリットがあるため、自分の用途に合わせた医療ローンを利用しましょう。

医療ローンは、金銭的余裕がなくても利用できてしまいますが、医療で体や気持ちが回復しても、生活が苦しくなっては本末転倒になってしまいます。

医療ローンはどんな用途で必要なのか、じっくり検討してから申し込みを行いましょう。